雪 月 花

南カリフォルニア・サンディエゴから日本へ永住帰国。 ゆらゆらと漂う気まま生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

September 11 2001

アメリカ同時多発テロ事件 (September 11, 2001 Terrorist Attacks) は、2001年9月11日にアメリカ合衆国で起きたテロ攻撃事件。 9月11日におきた事から9.11(きゅうてんいちいち)と呼ばれることがある。

アメリカン航空11便

アメリカン航空のボーイング767ボストン発ロサンゼルス行きアメリカン航空11便(ボーイング767-200・V334AA)は、乗客81名・乗員11名を乗せて、午前7時54分に遅延出発した。
午前8時14分頃にハイジャックされ、コックピットを乗っ取られた模様である。
午前8時23分に進路を急に南向きに変え、午前8時46分にニューヨーク世界貿易センターの超高層ビルであるツインタワー北棟に突入し爆発炎上。
離着陸時の事故と違い、高速で建築物に激突・炎上したため、機体の残骸は殆ど原形をとどめなかった。

ユナイテッド航空175便

ボストン・ローガン空港発、ロサンゼルス行きユナイテッド航空175便(ボーイング767-200・N612UA)は、乗客56名・乗員9名を乗せて、午前8時14分に遅延出発した。
管制部とアメリカン航空11便のハイジャックに関する交信を交わした後、午前8時43分頃までにハイジャックされ、コックピットを乗っ取られた模様。
直後に、アメリカン航空11便を追うようにニューヨークへ進路を変え、午前9時3分に世界貿易センタービルのツインタワー南棟に突入し爆発炎上。
なお、離着陸時の事故と違い、高速で建築物に激突・炎上したため、機体の残骸は殆ど原形をとどめなかった。

11便の突入で多くの報道陣と見物人がビルの周りに集まっており、続く175便の突入では数多くの映像と写真が記録された。

911-tower2-1.jpg

1a.jpg

アメリカン航空77便

アメリカン航空のボーイング757ワシントンD.C.(ダレス国際空港)発ロサンゼルス行きアメリカン航空77便(ボーイング757-200:N644AA)は、乗客58名・乗員6名を乗せて、午前8時20分に出発した。
午前8時50分ごろまでにハイジャックされ、コックピットを乗っ取られた模様である。
直後に向きを北向きに変え、すぐに南へ転回し、しばらくして東へ進路を変えた。最初の針路離脱から3分間は管制塔と機長が交信していたが、通信不能となった。午前9時38分にアメリカ国防総省本庁舎(ペンタゴン)に激突し爆発炎上。
離着陸時の事故と違い、高速で建築物に激突・炎上したため機体の残骸は殆ど原形をとどめなかった。

激突の瞬間の映像がペンタゴンの駐車場の監視カメラによって記録された。また、付近を通行中の多くのドライバーや歩行者によって激突の瞬間が目撃された。
映像によるとほぼ水平の状態で地面を滑走しながらペンタゴンに衝突したようだ。

ユナイテッド航空93便

ニューヨーク(ニューアーク空港)発サンフランシスコ行きユナイテッド航空93便(ボーイング757-200、N591UA)は、午前8時42分、乗客37名(4人のテロリスト含む)・乗員7名を乗せて、41分もの遅延で出発した。
乗客の電話での通報によると、午前9時27分にハイジャックされ、コックピットを乗っ取られた模様である。
オハイオ州クリーブランド付近で進路を南に変え、さらに南東へ向かった。ワシントンへ向かうことを管制官に通告、標的はアメリカ合衆国議会議事堂、あるいはホワイトハウスであったとされている。

午前9時57分、機内電話や携帯電話による外部との連絡で、ハイジャックの目的を自爆テロと認識した乗客が反乱。午前 10時3分、ペンシルバニア州ピッツバーグ郊外シャンクスヴィル(ワシントンD.C.から15分の場所)に、時速580マイル(時速933km)もの猛スピードで墜落した。
公式の調査報告書では、乗客はコクピット内に進入できず、テロリストの操縦により機体を墜落させたと結論づけている。なお、地震計のデータから墜落の時刻を午前10時6分とする説もあったが、後にこの時刻を算出した地震学者本人により撤回されている。
また、93便には日本人大学生1名が搭乗しており、日本へ帰国する為にサンフランシスコへ向かっていた最中に巻き込まれた。

8920540853.jpg

20060316021515.jpg

197311_6.jpg

世界貿易センタービル

崩壊した世界貿易センタービル世界貿易センタービル・ツインタワーの北棟は、8時46分にアメリカン航空11便の突入を受け、爆発炎上した。
1機目の激突は、数日前から地元消防署の日常を取材していたフランスのテレビ局から派遣の兄弟によって偶然撮影され報道されている(この時点では多くのメディアが航空機事故として報じた。1機目の情報を受けたブッシュ大統領も事故だと考えた)。

続いて、9時3分に南棟がユナイテッド航空175便の突入を受け、爆発炎上した。
2機目の激突は1機目の激突後にテレビ中継を行っていた際に発生し、日本を含む世界各国に1機目の衝突を臨時ニュースとして国際中継していた間におこった出来事であるため、前代未聞かつ衝撃的な映像を多くの人たちがリアルタイムで見る事となった(この時点で、事故ではなく事件であることが認識された)。
また、撮影クルーが多くいた為、旅客機が激突する瞬間が多くのカメラマンにて撮影されている。

ツインタワーは、大型ジェット機のボーイング707が突入しても崩壊しないよう設計されていたはずだった(あくまで衝突のダメージのみを換算されていたものであり、ジェット燃料の延焼による火災のダメージは換算されていなかった)。
だが、実際に高速で突入した同サイズのボーイング767によって、ビル上部は激しく損傷、漏れ出したジェット燃料は吹き抜けを通して下層階にまで達し、爆発的火災が発生した。
次いで火災の熱による鉄骨の破断でタワーは強度を失い、9時59分に南棟が突入を受けた上部から砕けるように崩壊した。崩壊による破壊力で北棟もバランスを失い、10時28分に南棟と同様、砕けるように崩壊した。
かつて世界最高を誇ったツインタワーは両棟ともに上階より完全に崩落するという大惨事に至った。

ツインタワーは特に北棟で人的被害が大きく、死者は約1,700人(救護活動中の消防士を含む)で、航空機に突撃されたフロアの階段は大きく破壊され炎上し、避難経路が遮断された92階以上の在館者全員が死亡したとされている。
南棟も同様に激しく炎上したが、こちらは外側に少し反れて激突し反対側の階段の損壊や延焼を免れたため、突入フロア以上でも延焼の少なかった部分にいた人など十数名が無事避難していて、突入前の未然避難者も含めると約7割の人が生還している。
ただしこの時、炎上部より上にいた人の一部が、煙による苦痛や絶望感から飛び降り自殺を行い、消防士や避難者の一部が落下してきた人の巻き添えになり命を落とした。
また、崩壊時の破片や煙によりビル外でも数人が命を落としている。

崩落時の破片などの影響で、敷地内の他の4つのビルも崩落・炎上し、敷地北隣の高層ビル・世界貿易センター7号棟もともに崩落。
道路は完全に封鎖、世界貿易センターの地下をターミナルとしていた地下鉄やパストレインもトンネルの崩落で走行不能に陥った。
これらのことからニューヨークでは合計で2749人が死亡するという大惨事になった。

さらにこの2機は離陸したばかりの大陸横断旅客機であったため、激突時には大量の航空燃料を搭載していたことから、完全に鎮火するまで数ヶ月を要している。

この事件以降、世界貿易センタービル跡地はグラウンド・ゼロ(爆心地)とも呼ばれている。
 

 
昨日は、どのチャンネルを回しても、5年前に起きたテロの特別番組が流れていた。
その場にいて、生き残った人々がインタビューに答えていて、「僕は戦争をこの目で実際に見たことはないが、きっとあんな感じなのだろう。」
そう、あれはまさに戦争だった。
アメリカにとっては、真珠湾攻撃以来の本土への攻撃だったため、そのショックと怒りは留まるところを知らず、戦争まで起こしてしまったね。

IntroImageFlagHoist.jpg

Vigil.jpg


平和が世界に訪れますように。。。
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2006/09/11(月) 08:41:25|
  2. アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やっと秋かと思ったら、夏に逆戻り | ホーム | 季節の変わり目は風邪に注意!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gingingin7471.blog.fc2.com/tb.php/110-5bcb440d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。