雪 月 花

南カリフォルニア・サンディエゴから日本へ永住帰国。 ゆらゆらと漂う気まま生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寝かしつけの極意!

毎日、子育てというか、エルを寝かしつけるために悪戦苦闘中の銀子夫妻です。
そんなこんなでドタバタしながらも、エルさんが生まれて1ヶ月経ちました。

今日は、いかに早く寝かしつけるかについてのお話。
どなたかの参考になれば幸いです。
小さいお子がいらっしゃらない方にとっては、あまり興味のないことかもしれないので、その場合は華麗にスルーしておくれ~。

寝る子は育つ!とよく言うでしょう。どうやら本当にその通りらしく、よく寝る子はその分脳の発達もいいんだって!
新生児の頭脳は寝ている間に育っていくらしいよ。

人間の赤ちゃんってのは、生物学的に他の動物よりもおよそ3ヶ月ほど早く生まれてくるんだって。それでまだ脳が未発達のうちに生まれちゃうんだね。
というのも人間の赤ちゃんは頭が大きいため、産道を頭が通れるギリギリまでしかおなかの中にいれないそうな。
そのせいで本来ならまだおなかの中にいるべきところを、いきなり外の世界に放り出されるわけだから、なかなかそれに順応できずに、ぐずったり眠れなかったりってことが起こるらしい。
それなら私達は何をしてあげたらいいんだろうか!

そこで、先日ご紹介した5つのSについてなんだけど、実は半信半疑だったもんだから本気で実践してなかったんだよね。

swaddling(身動きが取れないよう、おくるみでぴっちりとくるむ)
side/stomach position(横向き、うつ伏せ)
shushing(耳元でシーと言う)
swinging(スイング)
sucking(おっぱい&おしゃぶり)

それで、今度は5つのSを具体的にどんな風に実践すればいいのかを育児DVDを買って見てみた。
百聞は一見にしかず!!
まさに目からウロコ!

まず、Swaddlingなんだけど、これは本当にきっちりおくるみでくるんであげないといけないらしい。特に腕が絶対に動かないようにしないと何の効果もなし!とのこと。
赤ちゃんは自分の腕というのを認識してないので、顔の周りで腕が動いていることに対して恐がったりしちゃうんだって。
でもおくるみでくるんだだけじゃ、泣き止むことも寝てくれることもないので、次のステップである横向き&うつ伏せへ移行します。
赤ちゃんを膝の上でうつ伏せ気味に横向きに寝かします。これで大抵の赤ちゃんは黙るらしい。
実際DVDの中でも8割がたの赤ちゃんが泣き止んでおりました!
うちのエルさんも静かになったよ。
それでもダメな場合、Shushing耳元でシーっと言います。これは赤ちゃんの泣き声よりも大きな声で言わないと効果なし。なので相当がなりたてる勢いになるはず。でも赤ちゃんは確実に泣き止みます!
長時間シーっと言うのは疲れるので、赤ちゃんの耳元でドライヤーの音や掃除機の音を聞かせてもOK。うちはラジオのザーっというのを大きな音で聞かせてます。
赤ちゃんが泣き止んだら次はいよいよ寝かしつけ。
Swingingスイングです。赤ちゃんを横向きにして抱っこします。ちょうど胸と胸が合わさる感じね。
それで、左右に体ごとスイングします。スイングの速さはなるべく速めに。遅いとあまり効果がないらしいよ。
これでうちのエルさんは5~10分でことりと寝てくれるよ。
最後のSuckingおしゃぶりは最終兵器としてとっておきましょう。
上記の方法で寝てくれない場合におしゃぶりをあげると最初ぐずっても確実に寝てくれるはず。

実際に大変なのはスイングだろうね。
なので、何はなくとも自動で動くスイングを買うことをお勧めします。多少値が張るけど、これがあるのとないのじゃママの負担は大違い。
うちでも割と早い段階で手に入れてはいたんだけど、上手に使ってなかったからエルがそれでは寝てくれなくてさ。
実は速度に問題があったんだよね。エルをスイングに寝かせる時、泣いてる時に遅い速度でスイングしてたんだけど、それじゃ眠るどころかますます機嫌が悪くなるようにしてたみたい。
スイングを使う時は、赤ちゃんがすごく落ち着いている時に最速のスピードにしてあげて寝かせると、その後ぐっすりと寝てくれます。

って感じで、寝かしつけるための5つのSなんだけど、だからといってこれが100%有効かっていうと決してそうではないので、それぞれの赤ちゃんのニーズに合わせて実践してちょうだい!




スポンサーサイト
  1. 2008/05/29(木) 15:42:46|
  2. エルのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

黄桃とサクランボのクランブル

アメリカでは最近色んなフルーツが旬だね。
桃も、色んな種類が手ごろな値段でたくさんスーパーに並ぶようになりました。
でもね、どれも大して美味しくないんだよね。甘くないし、固いしね。
それなのに、ついつい買ってしまう。
美味しくないもんだから食べないままいつのまにか冷蔵庫の中でダメになってることも多々ありのアメリカの桃たち。
先日も黄桃を買ってみたものの、やっぱりそのままではマズイ。
それにエルの世話が忙しくてフルーツを食べるまでの余裕がなかなか取れない!
そこで、デザートにして消費しようと、無理やり時間を作ってさっと出来上がったのがクランブル。
比較的短時間でできるので助かったー!
作ってる間もエルがおなかをすかせたりして大変ではあったけど、なんとかオーブンに突っ込むまでは放置せずにすみました!



参考にしたのは、こちらの「Barefoot Contessa at Home」というレシピ本。
彼女の作るデザートはいつもバター&砂糖がてんこ盛りなんだけど、今回のクランブルは比較的ヘルシーな方ではなかろうか。
レシピでは、黄桃とブルーベリーのコンビネーションなんだけど、手元にチェリーしかなかったので、ブルーベリーの代わりに使ったよ。
でもチェリーの赤がきれいに出てとても美味しそう。



上のクランブルがカリカリで、なんといっても黄桃の酸味が程よく、大変美味しゅうございます!!
やっぱりアメリカのフルーツはデザートにするととても美味しくいただけますな!
てか、こんなの作ったはいいけど、やっぱり食べる暇がない私の昼下がり。。。



↓ステキな贈り物が届きました。

...続きを読む
  1. 2008/05/28(水) 09:27:22|
  2. SWEETS & BREAD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

寒い!!

昨日は久しぶりに嵐が吹き荒れ、寒くて寒くて暖房入れました。
1週間前の猛暑と比べると20℃近い気温差。なんなのかしらー!

さて、前回ぶちまけた悩みを解決させるべく、日々、エルをいかに早く寝かせるかという研究(実験?)に没頭しております。
んで、アメリカの育児書なんかも取り寄せて色々試しているんだけど、少し効果があったものをここでご紹介。

生後3ヶ月くらいまでのベイビーが泣き止む&寝かせる5つのSってのがあって、それが

swaddling(身動きが取れないよう、おくるみでぴっちりとくるむ)
side/stomach position(横向き、うつ伏せ)
shushing(耳元でシーと言う)
swinging(スイング)
sucking(おっぱい&おしゃぶり)

どうやらママの子宮にいた時の状態を再現すれば、ベイビーは安心して泣き止む&眠るというものらしい。
このうちの2番目のうつ伏せについては、新生児には試せないと思うのでやってないんだけど、その他の4つについては試してみた。
なんとなくだけど効果があったのが3つで、おくるみでくるむのとスイングとおしゃぶり。スイングは抱っこしながらのみ有効で、自動で動くプーさんのスイングじゃ不機嫌になる一方でした。
私にとっても一番楽で効果大だったのは、スリングに入れてスイング(別に意図的に韻を踏んだわけじゃないよ!)。
もちろん口にはおしゃぶり。耳元でシーと言い続けるのは疲れるので、ラジオの周波数を外したところで鳴るザーという音を聞かせてみたよ。
はい、エルさんイチコロ。



ただねー、これの難点は私が自由に動けなくなるってことだね。いや、スリング使ってるから両手も使えるし楽なんだけど、長時間は無理だよね~。
それに起こさないようにスリングから出すのも至難の技だし。
でも出かけた時なんかにはかなり使えそうよ。
ただし、スリングに入れた時のポジションが悪いと一気に不機嫌になるので、いつでも有効とは言い難い。

あと、横向き寝なんだけど、私がわざわざ横向きにさせなくても自分でやってた。



気付くと横向きになってることが多いので、これも寝心地がいいんだろうよ。

つってもさ、5つのSだかなんだか知らないけど、実際の育児っつーのは、一進一退、日進月歩、到底育児書通りにはいかないもんだね。

ただただ、我が子の声に耳を傾ける毎日です。




  1. 2008/05/24(土) 10:46:06|
  2. エルのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

子守唄

一昨日までの暑さがウソのように肌寒い今朝。ここのところの天気はいったいどうなってるんだか。。。

エルが生まれて早3週間。
その間、あっという間だったような長かったような、とにかくエルさんの一挙手一投足に振り回され続けた日々でございました。
もちろんいつ終わるわけでもないこの怒涛の子育て生活だけど、慣れるまでにはまだまだ時間がかかりそう。

グランマは先週末で無事滞在を終えられ、ついでにショーンも一昨日から3週間の産休を終えて仕事復帰してて、昼間は私とエルだけの生活に突入しました。
仕事に復帰したのをきっかけに、夜ショーンは1人でカウチに寝始めたので、夜中のお世話も私1人でやることになった。。。なんか、軽く子育てを拒否られてる感が否めないけど、これってどうなの?世のパパ達はどんな風に子育てに参加しているのかしら。
しかし、1人で子育てするのって想像以上に大変だわね。
スムーズに寝てくれればまだ楽なんだけど、最近午前中いっぱいほぼギンギンに冴えているエルさん。寝かしつけようとしても午後になるまで絶対に寝てくれません。

昨日は朝7時に目が覚めたエル。その後あの手この手で寝かせようとしたんだけど、一旦ウトウトはするものの本格的に寝てはくれず、結局夜までほとんど寝ないですごされました。もう私はヘトヘト。。。
本人も眠りたい意思はあるみたいなんだけど、上手に寝れないでぐずってぐずってここ最近は5~6時間くらい平気で時間がすぎちゃうことも。その間1分たりとも側を離れることができないので、朝食はもちろん抜き、下手すれば昼食もとれず、トイレにだってろくに行けない有様よ。
どうやったら上手に寝れるようになるんだろねぇ。
まあこの状態もそうそう長く続くもんじゃないだろうから、そんなに真剣に悩んでるわけでもないんだけどさ~。
ただ、私が寝不足になれば済むだけの話しでね。
家事全般はほとんどショーンに任せてあるし。

そんで、子守唄でも歌ってあげようとふと思ったわけ。
私の記憶の引き出しを片っ端から開けてみたんだけど、よくよく考えたら、
子守唄、一曲も知らねー!!
軽い衝撃を受けました。
でも無理もないっす。私の過去およそ20数年間、子守唄を必要とする場面が皆無だったんだよね。いや、それどころか人生の中で子守唄を赤ちゃんに歌ってあげた経験がないんじゃないかってことに気が付いたんです!
だって今の今まで、私の回りに小さい子供がいるって環境がなかったんだもん。
実はエルを抱くまで、10歳下の従兄弟が生まれて以来、新生児を触ったこともなければ見たこともなかった。ええ、テレビ以外で。
子守唄なんか知らなくて当然だったんだわ。
こんな私、どこかおかしい?
やっぱりこれも少子化の影響?
みんなは子守唄とか普通に歌ってあげてるの?

というか、よくそんなんで子育てやってるなって自分に拍手したくなるよ。しかも海外で。←自画自賛
まあ、何事も成せば成るってことですな。

  1. 2008/05/21(水) 09:35:25|
  2. エルのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

暑い!!

先週末から続く酷暑。
本当に今が5月かと疑うほど暑い。暑すぎる!!
以前住んでいた所と比べれば格段に涼しいこの辺りなんだけど、それでも暑くて午後の日差しは刺すように痛い。
今年は猛暑になりそうな予感がするよ。いやだな~。

そんな先週末、エルさんにとってもなかなか大変な日々でした。
私が飲んだカフェイン入りのコーヒーの影響で、ただでさえ上手に眠ることができなくてイライラしているところにこの暑さ。
夜はまったく眠ることができず、午前中の涼しいうちに2~3時間は眠れたんだけどその後は暑さとカフェインのせいでほぼ丸1日ぐずりっぱなしでございました。
グランマに新たに買ってもらった、自動で動くプーさんのロッキングチェアに乗せてもこの表情。



余程不愉快だったのか、しまいには泣き出しました。
夕方ようやく気温が下がり始めたところでやっと寝た。
でも表情がかたい!



それにしても、エルのこの乾燥肌が気になる。
先日、生後2週間の健診に行った時に、スキンケアしてもいいかってドクターに聞いたら、生後4週間過ぎてからじゃないとスキンケアのためとはいえ石鹸やローションなどは使ってはダメって言われてそのままにしてあるんだけど、なんか可哀想でね~。
生後ベイビーが脱皮するって話はよく聞くのでこれもその一種なんだとは分かってるんだけど気になるもんは仕方ない。
早くつるつるのお肌に戻してあげたいわ。





さて、エルを迎えてからの我が家のにゃんこ達なんだけど、ベイビーとは微妙な距離感よ。
ももちゃんは明らかにエルを避けてて近寄ってきてもすぐにプイっといなくなるけど、きーぼうは一応匂いだけかいでその後は遠巻きに観察してる感じ。
ただ、今まで出入り自由だったベイビールームへの立ち入りが、エルが来て以来禁止になってるんだけど、それからはどうやらライバル視し始めたっぽい。
最初の頃、どうにか自分のテリトリーを守りたいきーぼうはベイビールームへの侵入を止めようとはしなかったんだけど、ここ最近やっと入るのをためらうようになってきた。
というのも入ってこようとする度に、水スプレーの刑に合わされていたんでね。やっと学習してくれました。

「うー!入りたい!でも水スプレーの刑はもっといや!」
ってことでお部屋の入り口で待機。



ちょっと離れたところから様子を見てみる。



ドアの境界線を境に、水スプレーと対峙するきーぼう。




  1. 2008/05/18(日) 17:23:39|
  2. エルのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

自立への一歩

現在、抱き癖がついてしまったエルを1人立ちさせるべく、必死になってトレーニング中でございます。
数日前までは1秒でもクリブに寝かせるととたんにぐずっていたんだけど、今日やっとクリブの中でお昼寝できました。
それも3時間しっかりと。実際寝てくれるまでにはかなりの時間がかかったけど、今までのことを考えると大きな前進だわ!!
なんせ、昼間はグランマに抱っこされたまんまで寝るのが普通になってたし。それも何時間も。



この調子で夜もクリブの中で寝てくれると助かるんだけどねぇ。
今は私達のベッドで川の字になって寝てる(私達と一緒だと不思議とよく寝るのよ!)ので、夜中にエルが起きるとどうしてもショーンも起きちゃうのよね。
私にとってはその方が夜中にエルの世話をするのが楽だからいいんだけど、ショーンにとってはそういうわけにいかない。
来週ショーンが仕事復帰した後のことを考えるといつまでも一緒には寝てられないんだよねぇ。
何しろショーンは早寝早起き。だいたい9時半~4時までの睡眠を確実に確保したい彼にとって、夜中に起こされるのはストレスなはず。たぶん。
ってことで、グランマには申し訳ないんだけど、なるべくむやみやたらと抱っこするのは控えてもらってます。


そして、最初は何がなんだか全然分からなかったエルの泣き方。
今ではなんとなくおなかが空いた時の泣き方なら判断できるようになったよ。
こちらは今日の夕方、ダイパーを変えてお着替えも済ませたエル。
落ち着いてる感じだったからクリブに寝せてみた。



その後、しばらくはおとなしかったエルさん。
ところがおなかがすいたらしく、しきりに訴えはじめました。
「ママー、おなかすいたよー!」









手足をパタパタさせて空腹を訴えます。
親バカだけど、このパタパタさせる手がたまらん~。
あんまり可愛いのでエルには悪いけどしばらくおっぱいあげずにずっと見ていたくなるのよね。

  1. 2008/05/14(水) 19:52:14|
  2. エルのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

えきねこ





  1. 2008/05/13(火) 08:55:15|
  2. にゃんにゃん!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今日のエルさん

母乳が出始めて1週間。
生後400g以上も体重が落ちてしまったエル。その分を取り戻すべく毎日グビグビ飲んでくれてます。
あんまりにも飲みすぎてしまうため、毎回授乳が終わるたびに吐き戻してしまうほど。これって何か対策がないもんかな~。
女の子だからか、とにかくエルはよく飲みよく眠る子で、あんまり手がかからないような気がする。
ただ、気の毒なことにグランマがあやし始めると機嫌が悪くなることが多く、泣き始めるとさらにあやすもんだから余計に泣くという繰り返しを午後いっぱいやることも多々あり。
でもグランマは一時もエルを離したくはないらしく、さすがに「きっと疲れちゃったんだよ。ゆっくりベッドに寝かせてやって。」とは、なんとなく言いづらい。
それでもエルは大方機嫌よく過ごしているよ。
お部屋に1人にしても、おなかが空いたりガスが溜まったりしてない限り泣いたりしないしね。
この1週間で日に日にほっぺもぷくぷくしてきたよ。





  1. 2008/05/10(土) 10:02:06|
  2. エルのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

1週間経ちました

出産から今日でちょうど1週間です。
日本の産院だとようやく退院という時期なのに、私ときたら休む暇もなく子育てに励んできた1週間だったよ。
母乳が出てくるまでに5日もかかってしまって、それまでにフォーミュラ(粉ミルク)を与えてもいいかってドクターに聞いたらダメだって言うんだよね。そんなバカなって思うじゃない!!
だってその間エルは飲まず食わずで母乳が出てくるのをひたすら待つわけでしょう?ありえん!
案の定、4日目からおなかが空きすぎて1日中ギャン泣き。可哀想すぎて私も大泣き。
なので急遽ショーンにフォーミュラを買ってきてもらった。
さすがにすんごい勢いで飲んでくれました。



飲んだ後はこの表情。エルさん、呆然としてます。




母乳が出始めてからは、飲んだ後爆睡するのが日課です。
「んごー!!」





  1. 2008/05/06(火) 10:55:10|
  2. エルのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28

出産の日

皆さんからのたくさんの祝福のコメント、本当にありがとうございます。
暖かい言葉を読んでいたら涙が出ました。
本来ならお1人ずつにお返事をしなければならないのですが、縫合したキズが痛み、長時間いすに座っていることが困難なため、こちらで失礼させていただきます。
みなさん、本当にありがとうございます!!

この2日間、空いた時間を使って出産時の様子を少しずつ書いてきました。文字ばかりで少々長いですが、私自身の記録のためでもあるので、どうぞお付き合いくださいませ。


4月28日午前10時30分、出産のため病院へ。
受付を済ませ病室に入ったのがおよそ11時頃。その後しばらくして血圧や採血、内診などして点滴開始。子宮口はまだ開いておらず。

13時30分、最初の陣痛促進剤を子宮口に入れる。
30分くらいしたら陣痛が始まったんだけど、そんなには痛くない。でも1分間隔で来るので結構ツライ。
2時間後、すでにだいぶ痛みも辛くなってきている時、ナースが気を利かせてモルヒネを点滴のチューブから投与してくれた。
その瞬間、管がさしてある左腕からしびれてきて、いきなり頭を殴られたようなショックを受けた。激しいめまいと共に、意識混濁。
モルヒネってすげー!
おかげで陣痛の痛みが和らいだ。

子宮口がまだ1センチくらしか開いてなかっため、最初の促進剤から4時間後の5時30分、再度陣痛促進剤投与。
今度はだいぶキツイ。相変わらず1分間隔での陣痛。

さらにそれから4時間後(9時半)、1回目のモルヒネの効果がだいぶ薄れてきてた時にナースに頼んでもう一度モルヒネを投与してもらったんだけど、ほとんど効果なし。
この時点で子宮口は3センチしか開いてない。
1分間隔の激しい痛みに気が狂いそうになる。

明けて29日午前2時30分、いよいよ本格的に絶えられないくらい痛い。
ナースが麻酔医を呼んでくれ、背骨から麻酔投与。
起き上がって背中を丸めろと言われるが、陣痛の痛みが激しいため全身が震えうまくできない。
ナースとショーンが体を支えてくれた。
麻酔自体は、チクッとする程度で大して痛くない。
これは背骨に管を入れて、自動で等間隔に麻酔が下半身に送られる仕組み。なので生まれるまで管は入れっぱなしです。
ついでにカテーテルでトイレも自動にしてくれた。
点滴しっぱなしなので、結構トイレが近い。でも陣痛のせいで室内にあるトイレに行くにも大変だったから助かった!!
10分後、激しかった痛みが急速に楽になった。でも陣痛の度に鈍痛は感じるので、全くの無痛ではない。
麻酔医はそんな私の状態を確認した後、「少し眠るといい」と言い残し去っていった。
言われたとおり、少しうたた寝。ショーンは隣で爆睡。

午前6時、ナースとミッドワイフの指導のもと、いきみ開始。
陣痛と同時に全力でのいきみ15秒を3回。
つまり1分毎に1分間いきむ。
なかなかベイビーの頭が見えてこない。

いきみ開始から1時間後、ようやく少しずつベイビーの頭が見えてきた(らしい)。
しかし、3時間全力でがんばったけど、ベイビーは出てきてくれない。
酸素マスクを付けてもらわないとまともに呼吸もできないほど、私の気力も体力も限界に。最後はもう10秒間いきむことすらまともにできず。
ナースやミッドワイフからの質問にもほとんど返事もできない有様。頭が回らない。

そんな私を見かねてミッドワイフがドクターを呼んでくれる。
急遽、吸引による出産へ。
もし吸引でも出てこなければ帝王切開と言われたが、もう意識が朦朧としている私はなんだか上の空でそれを聞き、「OK,OK...」とつぶやくだけでせいいっぱい。

吸引する時でも私自身もいきまないといけないと言われ、「これが最後だからがんばって!!」とみんなに励まされながら、渾身の力でのいきみ。
ほとんど力は出てなかったと思うけど、「もう少しよ!ベイビーの頭が出てきてるわよ!」の声にせいいっぱいに答えていきんだ時、ベイビーが私の体から出て行く瞬間が分かった。

「生まれたわよ!よくやったわ!あなたの力で産んだのよ!!」

ドクターはすぐにハサミをショーンに持たせ、へその緒を切らせてくれた。
そしてそのまま私の胸の上にベイビーを乗せてくれました。
そのずっしりとした確かな重みに、

これが命の重さ
私の赤ちゃん

って思ったら、ポロポロと涙が出た。
私のおなかに9ヶ月間もいた子の、本当の重さを初めて知った。

4月29日午前9時12分のことでした。

ドクターは、ベイビーにへその緒が二重にグルグルと巻き付いていたため、そのせいでベイビーが出てこれなかったんだよと説明してくれた。

それでも無事に、元気で健康な子が生まれてきてくれました。

出産がこんなに辛くて大変だったとは、本当に予想以上のことで、今はそのショックから立ち直るのに苦労しています。
なぜか朝から晩までポロポロポロポロ涙が出てきて、自分でも精神的に相当やられていることがわかる。
でも、泣きわめきながら何かを一生懸命私に伝えようとしている我が子を見ると、一緒に泣きながらでもあの時の辛さを忘れてお世話できております。

そんなボロボロの私を必死になってサポートしようとしてくれるショーンが側にいてくれることが本当に嬉しい。
これから体が回復してくれば、きっと精神的にも安定してくると思うので、今はゆっくりと体を治しておこうと思っています。

では最後にお待ちかね、ベイビーの写真の公開です!!
とくと見てやってくださいまし。




  1. 2008/05/01(木) 22:15:32|
  2. 出産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。