雪 月 花

南カリフォルニア・サンディエゴから日本へ永住帰国。 ゆらゆらと漂う気まま生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グリーンカードの更新終了

先日、グリーンカードの更新のために指紋採取に行きました。
それから1ヶ月ほどたった昨日、めでたく新しいグリーンカードが郵送されて来たよ~。

20070228034213.jpg

今回のグリーンカードでは、2年間のみ有効という条件が外され、10年間有効のものになりました。今後の更新は10年ごとになって、正式にアメリカ合衆国への永住が認められたことになる。
見た目は今まで持っていたのとまったく同じ感じで、違うところといえば顔写真と指紋くらい。
でもね、この顔写真なんだけど、こないだ指紋採取した時についでに撮られたバカ面の写真を使われてしまっているのだよ。。。口惜しや・・・
朝早かったもんだから、もちろんノーメイクの寝起き顔。ついでに髪もボッサボサ。写真を撮るなら最初にそう言って欲しかったわ。いや、撮るだけならいいさ。でもそれを使うなよ!
というのもね、顔写真は事前に証明写真を撮って提出書類の中に同封していたのよ!普通それを使うと思うじゃない!!
これから更新なさる方は、お気を付けあそばしませ。指紋採取の時に、どんなに寝起きでひどいバカ面をしててもばっちりメイクをきめていかないと、10年間もその写真のIDを持ち続けなければいけなくなりますよ。私みたいに・・・

さて、グリーンカードと申しましても、緑色ではございませぬ。確かに以前は緑色だったみだいだけど、現在はご覧の通りの白いカード。

20070228035131.jpg

裏面には歴代の合衆国大統領の肖像と、合衆国50州の州旗が細かく印刷されています。
それがあまりにも巧妙かつ小さいので、どれが誰やらどれがどこやらかはもはや不明。偽造防止のためとは言え、こんなに精巧な細工が必要なんだね~。

それにしても、意外なほど本当にすごく簡単な更新手続きだったわ。
めでたしでございます!



スポンサーサイト
  1. 2007/02/28(水) 03:55:30|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

LETTERS FROM IWO JIMA

昨日は久しぶりに映画を見に行った。
クリント・イーストウッド監督の、硫黄島2部作のうちの一つである、「LETTERS FROM IWO JIMA」(邦題「硫黄島からの手紙」)。
日本では去年大ヒットしたんだってね。

iwojima.jpg

全編を通して、日本の俳優陣&日本語だったので、非常に見やすかったです!
とてもいい映画だったと思うんだけど、去年の映画なのにひっそりと今頃上映されてます。観客も数人の老人以外誰もいなかった。なぜだと思います?
私の勝手な推察では、ずばりそれは戦争映画が大好きなはずのアメリカ国民にとって「Iwo Jima」なんて聞いたこともない興味のないことだからなんじゃないかと思うんだよね。
それはなぜか。
先の大戦中とその戦後、アメリカが行ってきた日本に対する虐殺と復讐は、「正義」の大義のもと隠され、そして美化され、あの戦争で日本は正義の前に敗れ去ったと信じられている。それは些細なことで、取るに足らないことだと思われている。
実は、アメリカ人のほとんどが、あの戦争でアメリカ軍が日本の非戦闘員である一般庶民を空襲で焼き払い、それでも飽き足らず広島と長崎を消し去ったことをよく知らない。さらに戦後、30年近く沖縄を占領していた事実も学校では決して教えない。
つまりアメリカにとっての第二次世界大戦とは、主にヨーロッパ戦線のことであり、太平洋戦線はほとんど史実から消されている。なぜなら、史実を明らかにしてしまうと都合が悪いからに他ならない。

今回、クリント・イーストウッド監督は今までほとんど注目されてこなかった硫黄島に焦点を当てたわけなんだけど、公開当初アメリカ全土の中でも上映されたのはリベラルな気風のある州や都市のみといった有様。南部を始めとする保守的な地域では上映されなかった。
公平な視点から描かれているいい映画なのに、ちょっと残念ですな。

20070226023650.jpg

↓確かこの方ジャニーズだったんじゃないかと思うんだけど、アイドルとは思えないくらいすごくよかったよ。

ninomiya.jpg


映画を見る前に、ちょっと小腹がすいたので、See's Candiesへ。
ここに行くと、必ずチョコレートを1つくれるのでお腹がすくと立ち寄ってチョコレートを貰うのが習慣になっちゃった。おほほ!
今回はバニラミルクのチョコレートでした。非常に美味しかったです。

20070226031115.jpg



  1. 2007/02/26(月) 03:14:31|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

アップルパイの季節がやってきましたね

この季節(1月~)アメリカでは、林檎がたくさん出回ります。
日本よりずいぶん遅いよね~。なんでかしら。
アメリカでも人気のある林檎の品種はFUJI。日本の富士りんごよりも二まわり程小さいんだけど、とても美味しいのよ。

20070223044725.jpg

先日、このFUJIがとても安くなっていたのでたくさん買って、今日はパイを作った。
作り方は以下の通り。こちらは伝統的なアメリカのアップルパイのレシピなのでご参考になさって下さいな。とてもシンプルで簡単なんだけど、絶品のパイができるよ。
ただしリンゴは富士に限らず、紅玉でもゴールデンデリシャスでも何でもいいでしょう。

まず、リンゴを薄切りにして鍋に入れ、そこに砂糖を加えて火にかけます。
少しアクが出てくるので小まめに取りましょう。

20070223045146.jpg

水分が少し残るくらいに無くなったら火から降ろし、粗熱を取ります。
ある程度熱が取れたリンゴに、小麦粉、ナツメグ、シナモンを混ぜたものをからめて、フォークで底に穴を開けた冷凍パイ(解凍済みのもの)に盛り入れます。

20070223050239.jpg

上からパイシートをかぶせて、焦げを防ぐために淵をアルミ箔で覆います。
この作業を怠ると、美味しいパイはできませぬ。

20070223050634.jpg

もしもパイシートが大きすぎて余ったら、薄く伸ばして砂糖とシナモンを振りかけて、パイと一緒にオーブンで20分ほど焼くと、サクサク美味しいスナックができますよ♪

20070223052006.jpg

190℃(華氏375度)のオーブンの中段で40分間焼いた後、アルミ箔を取り除き、更に20分間焼いて出来上がり。

20070223051816.jpg

アイスクリームか、無糖の生クリームを添えて召し上がれ!

<分量>

リンゴ 1kg
砂糖 3/4カップ

小麦粉 2TBS
シナモン 1/2TS
ナツメグ 1/8TS

冷凍パイシート2枚



  1. 2007/02/23(金) 05:29:31|
  2. SWEETS & BREAD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

エミー5歳になる

夏日だった前日とは打って変わって、冷たい風が吹いた日曜日。そして今日は嵐。強い風とどしゃぶりの雨なんてサンディエゴじゃありえないくらい珍しいのに、どうしたのかしら。でもなんだか嬉しいっす!

そんな冷たい風が吹き抜けた日曜日、エミーの5歳の誕生日会が開かれた。
しかも偶然にもヴァネッサ家族にとってはすごく嬉しい出来事も重なりました。
というのも、ヴァネッサのダンナ様のショーンが、勤務先のキューバから1年振りに帰ってきたのです。彼はネイビーポリス。数年毎に勤務地が変わる海軍においては、家族といつも一緒に移動できるわけでもなく、本当に大変そう。でもやっと家族みんなが一緒に暮らせるようになって本当によかった。エミーにとってはなによりのプレゼントだね。
なので、昨日はその彼を迎えに空港まで行ってきた。

20070219155921.jpg

友人家族を含め十数人が空港に集まって、星条旗を持って帰還を待ちました。なんかこういうのって、本当にアメリカらしいな~。
日本でも個人レベルで日の丸を持って海外から帰還する自衛官を待つ家族とかいるのかな。いるといいなー。

旗の持ち方もそれぞれですな。。。

20070219160337.jpg

パパを見つけたとたんに駆け寄る子供達とヴァネッサ。
実に美しい光景だわ。

20070219160217.jpg


さて、午後からは本日の主役であるエミーのお誕生日会。
私達は、手作りのバースデイケーキと、キティちゃんのクレヨンセットを携えて駆けつけました!
ケーキは前日にショーンに手伝ってもらいながら作ったんだけど、クリームを塗るのが相変わらずヘッタクソな私は、苺でごまかしつつ仕上げました。おほほ!
でもヘタクソな部分は隠しきれてないー!

20070219161035.jpg

20070219161045.jpg

ろうそくを吹き消すエミー。
5歳になりました。お誕生日おめでとう!!

20070219161556.jpg
20070219161608.jpg
20070219161621.jpg

みんなからたくさんのプレゼントをもらってご満悦のエミー。
↓キティちゃんのクレヨンセット。

20070219161642.jpg

今回、一番すごかったプレゼントはこちら。
充電式のモーターで動くクルマです。
かなり本格的でちゃんとアクセルが付いてて、バックもできます。ゴーカートみたいなもんでしょうか。世の中にはすごいおもちゃがあるんだねー。

20070219161750.jpg

バックヤードで激しく遊ぶ大人(ショーン)と子供。









心配していたガブリエルちゃんも元気にすくすくと育っておりました。
めでたし、めでたし。

20070219161712.jpg



  1. 2007/02/20(火) 04:47:52|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

本当に2月ですかっ!!

気持ちよく晴れ渡った土曜日。気温も午前中の早いうちに20度を超えた。
やっぱりサンディエゴも今年は暖冬なんだね。そういや去年は3月に雪が降っちゃうくらい寒かったのに、今年はどうしたことでしょう。早くも夏日が来てしまった。
でも、きーぼうは窓辺に置いた緑に囲まれて気持ちよさそう。

20070219012114.jpg

朝から、「クルマのエンジンを掛けると変な音がするから、チェックしに行きたい!」と騒ぐショーンについて行くと、思いの他時間がかかりそうだったので、そのままクルマを預けて散歩することに。
ちょうど、トロリーの駅が近かったので、散歩にうってつけのオールドタウンへ行ってまいりました。

20070219012737.jpg

オールドタウンに到着したのはランチ時だったんだけど、とにかく暑くて暑くてかなりバテてしまった。
町を歩く人々はほぼ全員(?)ってくらい真夏のような服装で、かなり涼しげ。長袖着用のワタクシときたら汗をかきかき歩くハメに。みんな用意がいいなー。まあでも日焼けしないで済んだからいいか。
あまりにも暑いのでドリンクを購入して早々に一休み。
木陰は風が気持ちいいんだけどねー。

20070219033741.jpg
20070219040754.jpg

そこで、すごく立派な柳の木に出会ったよ。

↓これは何の木なんだろうねぇ。桜にも似た花が満開でした。

20070219034711.jpg

ここはオールドタウンと言うだけあって、観光地でありながら古い建物を多少修復して、保存してある貴重なエリアでもある。
古いと言ってもほんの150年くらいの古さなので、日本の感覚でいくと大して古くはない。
しかし、アメリカはまだ若い国なので150年前ともなると大昔。石器時代にも似た感覚の古さなんじゃないかしら。
・・・そりゃ言い過ぎか。

↓1865年に建てられた学校。

20070219035102.jpg
20070219034931.jpg
20070219035121.jpg

最後に、暑さ凌ぎにアイスクリームをいただいて帰りました。

20070219034916.jpg


  1. 2007/02/19(月) 04:12:19|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

炊飯器チーズケーキ

明日はショーンが3週間の出張からやっと帰ってくる。
そこでウェルカムケーキを焼くことに。
というわけで、ネットで見つけた簡単レシピでチーズケーキを焼きました。それも炊飯器を使ってね。
レシピは以下の通りでございますので、興味のある方はぜひどうぞ♪

☆オーブンがなくても炊飯器でチーズケーキが作れちゃいます☆

<材料>5.5合炊飯器1個分
クリームチーズ・・・1箱 (250g)
砂糖・・・60~70g
卵・・・3個
小麦粉・・・大さじ3 (45g)
生クリーム・・・200cc

<作り方>
1、クリームチーズを湯せんでやわらかくする。
2、砂糖と溶き卵、小麦粉を?に混ぜる。
3、さらに生クリームを入れて混ぜる。
4、炊飯器に流し込み普段ご飯を炊くときと同じように炊く。
5、炊き上がったら1~2時間そのまま蒸す。
6、お皿に出して冷ます。


さて、うちの炊飯器は10合炊なので、上記のレシピではちと分量が少ないことが予想されました。なので倍の分量で炊飯器にぶち込んでスイッチオン!
(ちなみに、うちに生クリームがなかったので、ヨーグルトで代用しました。そして、グラハムクラッカーを砕いてバターと混ぜたものを、底に敷き詰めました。)

ところが、ほんの30分もしないうちに保温に切り替わってしまった。蓋を開けて、ケーキの生地の様子を見てもまだまだ水っぽい。そこでもう一度炊飯ボタンを押したんだけど、やっぱり20分くらいで保温されてしまう。全然ダメじゃん!
仕方ないので、何度も炊飯ボタンを押しまくっておよそ4時間(!!)後にやっと何とか出来上がりました。つーか、時間かかり過ぎだから~。
「簡単レシピ」とは名ばかりの、やたらと手間のかかるケーキだったよ。。。はぁ~。
もう二度とうちの炊飯器を使って作ることはないだろうよ。

20070216082700.jpg

4時間後に蓋を開けるとこんな感じになんとか固まっていたので、念のため箸を刺して中まで焼けているか確認してみたよ。

内釜からはぷるるんと簡単に出せました。

20070216082735.jpg

切ってみると、なんとも言えないゼリーのようなぷるぷるとした弾力が!

20070216082808.jpg

おそらく焼き立てよりも一晩冷蔵庫で寝かせた方が美味しいだろうから、粗熱を取ったらラップして冷蔵庫の中でショーンの帰りを待たせることにいたします。
でもね、我慢できずにちょぴっと味見してみたんだけど、めちゃウマだった!

今度は炊飯器じゃなくて普通のケーキ型で、普通にオーブンを使って焼きたいと思います。
ただ、炊飯器によっては1回の炊飯できれいにできることもあるようです。ケーキなどが焼ける機能付きの炊飯器だったら大丈夫でしょう。



  1. 2007/02/16(金) 08:48:55|
  2. SWEETS & BREAD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

寒いけど水遊び

この数日間、珍しくサンディエゴでは雨が続いている。
おかげで空気もひんやり。寒い!

うちの子達はショーンがいないもんだから遊んでくれる人がいなくて退屈してるせいか、ちょっとおかしな行動が目に付くようになってきた。
きーぼうは普段から水遊びが大好きなんだけど、最近は毎日のように遊んでるもんだから、後始末が本当に大変。
洗い物を片付けようとするとすかさず邪魔してきて、大暴れ。。。









お水を替えてあげれば、そのそばから大暴れ。。。(↓ちょっと長いよ)









そして、きーぼうは今日も高いところに上り続けるのでした。









20070214063032.jpg

そんなきーぼうに困り果てるももちゃん。

20070214062502.jpg



  1. 2007/02/14(水) 05:34:14|
  2. にゃんにゃん!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

クロッシェ

日差しが強いサンディエゴでは、日焼け止めを塗ったくらいじゃ日焼けは全然防げない。なので、帽子は1年中必要なのです。
そこでずっとブリムの広いクロッシェを作りたかったんだけど、帽子用のサイズテープを持ってなくてさー。あれがないと帽子が作れない。でもアメリカにそんなもんあるのか?って感じじゃないスか!?
しかしながら先日やっとそれらしいのを探して手に入れたので作ってみました!
ちなみにこれ↓がサイズテープとして使用したテープ。たぶん帽子用ではないんだけど、まあこれで十分でしょう。

20070212061942.jpg

出来上がったクロッシェはこちらの3点。

20070212062021.jpg

ええ、形は全部同じで素材だけ変えました。
ピンクのはタイシルク。白は木綿。茶色のは麻。
内側の布は木綿で。

20070212062057.jpg

被ってみたけど、ヤヴァイ。サイズもぴったり。その上、めちゃめちゃかわいい。

てか、帽子なんぞ作ったのは学生の時に作って以来、十数年ぶりよー!
あの時は純毛のフェルトで作ったから本当に大変だったわ。
平らなフェルトを帽子用の木型に押し付けてアイロンでお椀型に丸く形を作っていくんだけど、その作業はゲロが出そうなくらい辛かった。その記憶が災いして帽子を作るのにかなり抵抗感があったんだけど、実際作ってみるとフェルトと違って超簡単!いや、「超」は言い過ぎた。そこまで簡単ではない。
けど!決して難易度は高くないよ。

早速次回のお出掛けから使います!



  1. 2007/02/12(月) 06:42:07|
  2. HAND MADE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

地味に作った地味なもの3つ

ここ数日の間に作った地味な作品。
こんなの、紹介するほどのものでもないんだけど、一応記録として載っけときます。
ええ、生活密着型の作品ばかりですよ。

20070210020733.jpg

これ何だかわかります?
その通り!ポットスタンド~♪
大きなキャセロールも乗っけられるくらいの大きさに仕上げたら、こんな感じになっちゃった。
中綿はタオル(日本の郵便局の粗品)を使用。

次は、ボディクローズ。

20070210020810.jpg

木綿の毛糸で編みました。
日本から持ってきていたシルクのボディタオルが底を尽きたので、色々と探してみたんだけど、アメリカにはシルクとか木綿のものとかが全然見当たらないので、作ってみたよ。市販のナイロンとかアクリルのものであんまり体を洗いたくないからさ。
手が入れられるように袋状になっとります。
色違いの毛糸で作ったのに、出来上がりはまるで違う柄に。。。ショーンに作ったやつの方がいい感じなのよね。


  1. 2007/02/10(土) 02:28:06|
  2. HAND MADE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

緑に囲まれた1日

昨日もやはり夏のような陽気だった。
サンディエゴは、12月~1月にかけてが一番寒い。なので、2月ともなればずいぶんと暖かくなってきます。もう春です。

こんな日は室内で食べるより外で食べる方がよかろうと、友達と公園でランチ。

20070207092528.jpg

しかしながら日が当たっちゃうと猛烈に暑いので、木陰でのんびりしました。
本当に気持ちのいい1日だったよー。
ランチには、WHOLE FOODSの量り売りのお惣菜コーナーで好きなものをランチボックスに詰めて。
枝豆がすごく美味しかった♪
こんな気持ちいい日に、外で食べるランチは格別だね~。

20070207092847.jpg

さて、アメリカでの私の数少ない友人の1人であるA女史。
実は来月日本に帰国なさることに。本当に残念です。
ということで、昨日は家を引き払うにあたって、日本に持って帰らないものや持って帰れないものなどをたくさん頂ました。
その中でも嬉しかったのが、こちらのポトス。

20070207093718.jpg

立派でしょう?すごいでしょう?
このポトスは、僭越ながらワタクシが引き受けました!これから我が家で大事に育てるつもりでございます。

そして、うちの子らが一番喜んだのは、もちろんコレ↓

20070207092616.jpg

もう、りるーさんは食べないんだって。飽きちゃったのかな。まあなんと贅沢な。
そんなわけで、今日からきーぼう&ももちゃんのゴハンになりました。
さっきあげたら今までこんなにガッツいたことないんじゃない?ってくらい、2人とも美味しそうに食べてたよ。
・・・そうか、そんなに美味しいか。じゃあ今度からこれ買ってあげるよ。




  1. 2007/02/07(水) 09:56:23|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。