雪 月 花

南カリフォルニア・サンディエゴから日本へ永住帰国。 ゆらゆらと漂う気まま生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

発情期キターーーーーーー!!

毎日爽やかだね~。一年の中で今が一番いい季節だよね。
ご近所さんからいただいたバラ。ピエール・ドゥ・ロンサール。

018gy7.jpg

まあなんと夢見るように美しいわね。

さて、そんな春の日々はやはりネコにとっても繁殖にもってこいの季節なわけで。生後半年を迎えた辺りから、一月に二度三度とやってくる発情期にうんざり。
発情期中はまる一週間昼も夜も関係なく鳴き喚き、あちこちで粗相するように。やっと治まったかとほっとするのもつかの間、一週間の間を開けてまた始まる唸り声。もう我慢の限界よ!!
というわけで病院の予約後一ヶ月ほど待たされてやっと行ってきました不妊手術。
ももにゃんは引き取った時にはすでに手術された状態だったので発情期はなし。なので通常のメス猫の発情期がこんなに面倒なことになっていたとは全然予想外だったわ。
獣医さん曰く、手術しない限りこの一週間ごとに繰り返される発情期のサイクルは死ぬまで続くとのこと。マジか。

で、術後のプリン。

003se4ts.jpg

このエリザベスカラーがなんとも不自由でね。

006t79i.jpg

最初の三日ほどは食欲もあまりなくすっかりやつれ果てておりましたが、四日も経てば痛みもだいぶ治まってきたみたいでなんとか復活。
でも首のカラーが邪魔でしょうがないのね。

012drt6.jpg

でも可哀想だからって外すわけにはいかないから、10日間はこのままで過ごしてもらいましたけどもね。
そしてやっと金曜日の夕方抜糸してもらいました。

やっとほっと安心した顔に戻りました。

077se476s.jpg

美人ね~。

093se47s.jpg

今日は土曜日だったけど、珍しく家でのんびり過ごしました。
子供たちは風船いっぱいふくらませて楽しそうに遊んでます。

022se46.jpg

026hu8o.jpg

027h34sd.jpg

028de4674.jpg

037juh.jpg

039s4er.jpg

041dery.jpg



さてさて、我が家の外構工事ですけどね、相変わらず遅々として進まず。
予定より大幅に遅れてやっとコンクリート打ち。

031deye6.jpg

032f4s7sr.jpg

033derysr.jpg

4月中に終わるはずが6月中に終わるかどうかすら怪しい。せめて秋までには終わってほすぃ。





スポンサーサイト
  1. 2014/05/17(土) 21:08:53|
  2. にゃんにゃん!
  3. | コメント:0

プリンちゃん

12月に入りいよいよ本格的な冬が始まっておりますここ三浦半島でございます。
我が家から見える富士山も最近くっきりはっきりとしてきたよ。
夏は全く姿が見えない富士山も、この時期からくっきり見えるようになります。そうすると、冬が来たな~って実感します。

002cfh.jpg

さて、先週の土曜日のこと、ついに我が家に待望の可愛いにゃんこがやってきました。
2ヶ月ほど前に関東に甚大な被害をもたらした台風の数日前に保護された子猫で、縁あって我が家が引き取ることになったのです。
子供たちもずっと待ち焦がれていたにゃんこ、名前はプリンちゃんと名付けました。

004vydf.jpg

まだ生後2ヶ月ほどということなんだけど、性格も素直で優しく、本当に可愛らしい女の子です。
これからもきっと健やかに育っていってくれることでしょう。うちの子になってくれてありがとう。みんなで幸せに暮らそうね。

003xdfgx.jpg

最初の2日間は恐怖のあまり水さえも喉を通らなかったプリンちゃん。怖くて怖くてぶるぶる震えっぱなしだったんだけど、昨日あたりからはやっと慣れたのか家の中を探検したり、子供たちとじゃれあったりしてとても楽しそう。

005cfghc.jpg

特にソフィがプリンちゃんに夢中で、毎日朝起きるとすぐにプリンちゃんを探します。
なにしろプリンちゃんが可愛くて仕方ないソフィ。いっつも「ソフィ、プリンちゃんだーいすき!!」って叫んでますよ。

009drysry.jpg

エルはきーぼうやももちゃんと過ごした時間がわりと長かったせいか、かわいがりっぷりにも余裕がうかがえる。

019drysr.jpg

きっとこうやってこの3人はこれからずっと仲良しで大きくなっていくんだろうな。

024drysrt.jpg

030serysrt.jpg

041rysret.jpg



そしてそんな日々の中、嬉しい再会がありました。
サンディエゴに住んでた頃、いつも一緒に遊んだお友達が里帰りしてきていて、2年半ぶりに会うことができたのです。わざわざ来てくれて本当にありがとう!

045drtyst.jpg

エルも憶えていたみたいで、会った瞬間からもうあの頃みたいにすんなり打ち解けてたよ。
おかげさまで久しぶりの再会を楽しむことができました。感謝!!
ショーンは今2週間の出張に出かけていて会うことはできなかったんだけど、今度私たちがアメリカに行く時は必ず会いに行くことを約束して、また別れました。寂しいけど元気でいればいつかまた会える。

プリンちゃんは子供たちが大騒ぎしている中でもお構いなしに夢の中。

048dys.jpg



  1. 2013/12/03(火) 22:03:19|
  2. にゃんにゃん!
  3. | コメント:3

きーぼうの日

今日は、きーぼうの命日。
ちょうど今くらいの時間にきーぼうは突然虹の橋を渡っていきました。
今でも寂しいんだよね~。
いまだにきーぼうに会いたくなるんだよね。
思い出すと泣いてしまうわ。



ありがとう、ありがとう。
きーぼう、きっといつか会えるね。

今、庭のオレンジがとてもいい色です。
それにまたたくさん花が咲き始めててそれはそれはいい香り。春の匂いだわ~。








  1. 2010/02/24(水) 11:52:23|
  2. にゃんにゃん!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

きーぼうの窓辺

昨日の正午、きーぼうが突然いってしまいました。
お空に昇ったのです。

どうしてだろう。なんでだろう。
もう二度ときーぼうの小さな頭を撫でることができない。甘えた鳴き声を聞くこともない。
きーぼう!と呼ぶといつも走ってきたのに、もう呼んでもどこにもいないんだね。
きーぼう、きーぼう、どうしてそんなに早くいってしまうの?まだここにいた方がいいよ。戻ってきて。

昨日、珍しくショーンが早く帰ってきたお昼前、私はリビングでエルのお相手をしていた。
ショーンがランチの準備を終えて食卓についた直後、ガタガタ!
「きーぼう!!」
そのショーンの叫び声に振り向いた私の目に飛び込んできたのは、ばったりと倒れたきーぼうとショーンの姿。
訳が分からず、「何?どうしたの?」って聞いたら、
「分かんない。きーぼう!」
駆け寄ると、かっと目を見開いたきーぼう。動かない。

え?なに、これ。

最初、てんかんの発作か何かと思った。でもショーンがきーぼうに人工呼吸と心臓マッサージをしてる。息をしてない。心臓も止まってる?
ちょっと待って。
「きーぼう!!戻ってきて!そっちに行っちゃダメだよ!」
数分後、事切れたきーぼうをキャリアーに入れて、ショーンは近くのペット救急へ。

そして、きーぼうは帰ってこなかった。
あんなに元気だったのに。どうして帰ってこないの?
きーぼうのいないこの部屋がなんだか急に広く寂しく見えた。
あんなに大好きだったのに、エルが生まれてからは気持ちに余裕が持てなくて、なかなか可愛がってあげることができてなかった。だから行ってしまったの?
ごめんね。最近は意地悪なことも色々してしまってたね。
いつもいつもきーぼうは私を慰めてくれてたのに。たった一人アメリカに来た私をずっと励ましてくれてたのに。
きーぼう、大好きだよ。
きーぼうはいい子だったね。ありがとうね。
いつもきーぼうが側にいてくれたから私は一人でも平気だったのよ。
でもこれからどうすればいい?
きーぼうはもう私の側にはいてくれないの?

もう怒ったりしないよ。もう意地悪なこともしない。
だから思いっきり走り回っていい。いたずらだってしていいよ。
きーぼう、きーぼう。
いつもみたいににゃあにゃあうるさく私の足にまとわり付いてきてよ。
でももう行ってしまったんだね。
帰ってこないんだね。

ももちゃんがきーぼうを探してる。
「ごめんね、ももちゃん。きーぼう、もういないんだよ。ごめんね。」

今日も、きーぼうの窓辺には、昨日と同じように気持ちのいい風が吹いている。
きーぼうはここから見るお外が大好きだったね。
風に吹かれるのが大好きだったね。
きーぼう、今そこから何が見える?




  1. 2009/02/25(水) 10:49:24|
  2. にゃんにゃん!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

きーぼうが怒っちゃったよ

ショーンがね、出張に行きましたよ。行き先はワシントン。
普段はベースの近くにあるホテルに滞在するんだけど、今回はなぜかアパート暮らしなんだって。しかも2ベッドルームあるらしいよ。
たかだか出張ごときでそんな贅沢な!その分給料に上乗せしてくれたほうがよっぽどありがたいっつーの。
もう12月なんだけど、思ったより寒くなくて快適みたい。
サンディエゴも12月に入ってから朝晩が冷えるようになったよ。おかげでぐっと秋らしくなりました。

先週末のお話。
雨上がりで翌朝とても冷え込んだ金曜日。
窓から外を眺めていたももちゃんが、にゃあにゃあとなにやらおしゃべり。それに返事をするかのように、外からもミーミーとネコの声。
見ると、きーぼう柄の子猫がミーミーとこちらを見て助けを求めているではありませんか!
あんなところにいたらそのうちクルマに轢かれちゃうよー!
しかも今日はこんなに寒いのに。
ってことで、とりあえず救助。



ね?きーぼう柄でしょ?
たぶん生後4ヶ月くらいかねぇ。男の子でした。
性格はすごく人懐っこくてめっちゃかわいい~。超ハッピーキャット。
いや~、やっぱり子ネコっていいわ~。
私がきーぼうと会った時にはもうすでに今と同じくらいの大きさだったから知らないんだけど、ショーンが、「なんかきーぼうが小さかったころのことを思い出すな~」と感慨深気だった。

ももちゃんは超ビビリなので子ネコが入ってきた一瞬どこかに隠れちゃったけど、きーぼうは激怒。
子ネコに向かって容赦なく威嚇します。
おいおい、子ネコ相手に大人気ないぞ!!って、小さかったももちゃんがうちに来た時もまったく同じ反応だったんだけどね。

もしかしたらこの子の飼い主が探しに来るかもしれないってことで、外の様子を気にしてたんだけど、まったくそれらしい人は見当たらず。
仕方がないので、貰ってくれそうな友人知人に片っ端から連絡するも、あえなく玉砕。
う~ん、急な話だしやっぱ無理か~。こんなに可愛いのにな~。残念。うちの子になれるもんならそうしてあげたいけど、実際3匹は無理だよ。
アパートの契約でもネコは2匹までの取り決めだしさ。
というわけで、アニマルシェルターに保護してもらうことにしました。
でも生憎、行った時にはもう引取りのセクションは閉まっていたので、翌朝もう一度連れて行くことにして、一旦帰宅。
とりあえずきーぼう&ももちゃんからは隔離して私達のベッドルームで一緒に一夜を明かしたんだけど、もうハッピーハッピーっつって、一晩中私達の顔を踏んづけたり引っかいたりゴロゴロ喉を鳴らし続けられちゃって、うるさいわうっとうしいわで寝られたもんじゃなかったよ。
そりゃもちろん可愛いんだけどさ、人懐っこいにもほどがあんだろ!って突っ込んどきました。

翌朝早速シェルターへ。
土曜日の朝早かったんだけど、すでに激込み。みんな、新しく家族になる動物を探しに来た人たちなんだよ。そういう人たちを見るとなんか心が和むよね~。
子ネコに、お前も素敵な家族が迎えに来てくれるから何も心配しなくていいよって話しかけたらミーって言った。
たった一晩ぽっきりうちのニャンコとして過ごしただけなのに、別れ際はなんだか寂しかったよ。
きっときっと元気で幸せにおなり。じゃあね。
シェルターで受け付けてくれた人が、「わざわざこの子のために時間と労力を割いてくれてありがとう。もし飼い主が見つからなかったら、ちゃんとした家族にアダプトするから心配しないで」と言ってくれた。
うん、よかった。これで一安心。元気で幸せな一生を過ごしてくれるといいな~。

昨日は、友達から柿をいただきました。
こないだ柿狩りに行ってきたんだって!なんと!そんな素敵なところがサンディエゴにあったとは!しかも柿よ、柿!
スーパーでも時々「FUYU」って名前で柿が売ってるけど、ちょっと高くて手が出せなかった私。
いや~、うれしいな~。




  1. 2008/12/03(水) 18:37:45|
  2. にゃんにゃん!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。