雪 月 花

南カリフォルニア・サンディエゴから日本へ永住帰国。 ゆらゆらと漂う気まま生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エルのトイレトレーニングその2

毎日がんばってるエルのトイレトレーニング。
トレーニングパンツのおかげで、ピーやプーをした後は確実に教えてくれるようになりました。
それはそれで大変な進歩なので喜ばしいことなんだけど、昨日は出る前にパンツを替えてくれとお願いされた。
いやいや、出る前に替えても意味ないし。
なのでトイレ(オマル)に誘ったんだけど、それは頑なに拒否。
そして熟慮の末(ホントかよ)、パンツで用を足されましたわ。(泣)

今日は今日で、ピーが出る前に私にかなり漏れそうなことをアピール。でもパンツは濡らしたくない!でもトイレではしたくない!
あまりにも我慢してるのでちょっと薄く笑ってしまった私。いかんいかん、笑うな自分。
この時はなんとか騙し騙しトイレに座らせることには成功したものの、2秒で立ち上がったのでもちろんピーは出せず仕舞い。
そして熟慮の末(これはホント)、パンツで用を足されましたわ。とほほ。

ってことはよ、出そうな感覚も分かってるし、それを我慢することももうできてるわけですよ。完璧に!
あとはトイレに座って用を足せばトレーニング終了なんだけどねぇ。う~ん、でもそのあと一歩がエルにとっては大きな大きな一歩なんだろうね。
でもエルはエルですごくがんばっていることは分かります。
トイレでしなきゃいけないことは分かってるけど、なんだか怖くてできない。だって産まれてこの方トイレで用を足したことがないんだもん!!
大人だって初めてやることには多少の恐怖を覚えるもの。2歳児ならなおさらだよね。



今日は隠しておいたスタンプを取り出してみました。
めちゃ気に入ったみたいでずーっと遊んでたよ。



ん?鼻の下にも押したのか?



という感じでトイレトレはゆるーくのんびりやってます。


ソフィちゃんの方はもういつハイハイしてもおかしくないくらい。



ここ数日、ハイハイの体勢から1歩2歩と前に進むことはあるんだけど、ちゃんとできるようになるまではまだ少しかかるのかな。



髪も少し濃くなりました。




さて、私の運転免許、実は全く練習してません。
試験まであと1ヶ月しかないんですがね~。どうなることやら。がはは!!←ヤル気なし

スポンサーサイト
  1. 2010/09/12(日) 19:51:21|
  2. トイレトレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

エルのトイレトレーニング

先週、COSTCOでブルーベリーが安かったので、またパイを作りました。



上のクランブルがカリッカリで最高っす!

さて、数日前からゆるーく始めたエルのトレーニングパンツを使ってのトイレトレーニング。
アメリカには店頭では布製のトレパンはどこにも売ってないので、アマゾンで注文しました。↓これ

ここをクリック

12枚セットなので1日何度取り替えても替えがある状態です。
それは結構なことなんだけど、洗うのが面倒くせぇ!!特にプーピーの時は壮絶!
最初の3日間くらいは事後報告もなしで、ピーピーが出てびっちょびちょになっても知らんぷりだったエル。
ところが今日あたりからピーが出たら「ダイパ!」と言いながら私の手を引っ張るようになりました。濡れると相当気持ち悪いらしいね。
それでもこの布トレパンを好んで履きたがるところを見ると、やはり紙オムツよりも格段に着心地がいいんだろうよ。

本当は最初から普通の布パンツでトレーニングに挑みたいところなんだけど、アメリカの住環境では布パン法及び、ノーパン法は無理。リビングがカーペットなんでね、漏らされると再起不能になっちまうんですよ。
そこで苦肉の策のこのトレーニングパンツ。今のところ全く漏れないので助かってますわ。
でもおかげでパンツはびっしょり。漏れない分気持ち悪さが倍増します。よってすぐに替えたがります。
あとはこれがピーの前に報告してくれるようになればやっとおまるが役に立つようになるー!
今は座っても2秒くらいで立ちあがって、大声で手を振りながら「ピーピー、バイバーイ!」とご機嫌に、何も出てないおまるに向かってごあいさつ。
まあ長期戦でがんばりますよ。


ところで、九州出身の方、特に九州北部の方(特に佐賀県)なら誰もが知っているお菓子、丸ぼうろというものを皆さんはご存じだろうか。

丸ぼうろとは佐賀を代表する銘菓。
丸ぼうろは450年以上前、ポルトガルから長崎を経て、佐賀に伝えられたという。本来はポルトガル船員の保存食で、現在よりやや小さくて固く、クッキーのようだった。現在のように、しっとりやわらかい丸ぼうろが誕生したのは、明治になってから。鍋島藩の御用商家だった「北島」が、改良に改良を重ねて完成させた焼き菓子。 基本材料は、小麦粉、砂糖、鶏卵。


丸ぼうろ。ああ、なんて懐かしい響き。
あの少し弾力のあるもちっとした食感とカステラのような味わい。。。
地元の近所にとても美味しい和菓子屋さんがあって、そこでいつも丸ぼうろを買っていたのよね。とても手軽なので我が家のおやつとしてよく登場したもんです。なので丸ぼうろと言えば、故郷を連想するお菓子の一つです。
いや~、久しぶりに食べたいぜぇ!!
ってことででけました。



早速焼き立てをこのお方に食していただきました。



美味しい?



どうなの?



ねーねー、聞いてる?



この後なんと4つも平らげたエル。相当気に入ったようです。
焼き立ても美味しかったけど、粗熱がとれた後ビニール袋に入れて少ししたものの方が、しっとりして丸ぼうろらしい食感になって美味しかったっす!


作り方は以下

...続きを読む
  1. 2010/08/29(日) 20:17:05|
  2. トイレトレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。